So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
テレビ・映画 ブログトップ

シン・ゴジラ [テレビ・映画]

遅ればせながら「シン・ゴジラ」観てきました。

映画館映画を観るなんて久しぶり。
タイタニック」3D版を観に行って以来じゃないかな。

行ったのはユナイテッド・シネマとしまえん
夫が上映館を調べたらここが一番上映時間の都合がよかったのです。
今週いっぱいで上映は終わりということらしくめっちゃすいていました。
おかげで好きな座席を選べました。

私はエヴァンゲリオンはダメなのですが、これは面白く観ることができました。
主軸の二人の並びが眼福でしたし、前半の会議シーンもテンポがよくて楽しめました。
中途半端な人間ドラマを入れてなかったのも良かったです。
まぁあの状態のゴジラをその後どうするのか気になるところではありますが…

続編作るのかな?







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

るろうに剣心 [テレビ・映画]

日テレでるろうに剣心祭りとして3週連続で映画のるろうに剣心が放映されたので見てみました。
最初の映画版は前にもテレビで見たことがありますが「京都大火編」と「伝説の最期編」は初見。

いや~よかった。
漫画原作の実写化としては大成功の作品になりましたね。
アクションが素晴らしくカッコよくて見入ってしまいました。
あんなふうに作られたら「こまけぇことはいいんだよ」という気にもなりますね。

原作の「るろうに剣心」はコミックス全巻そろっています。
好きでした。

アニメは剣心の声と主題歌に耐えられず初回で脱落。

映画はいまさらですがBlu-rayが欲しくなりました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ドラマ「Nのために」 [テレビ・映画]

このところテレビに接続しているハードディスクの調子が悪くて今日もドラマの録画に失敗。
今季一番楽しみに見ているドラマなのに~~~と悲嘆にくれそうになりましたが、最新話はGyaO!で無料配信されていたので無事に見ることができました。
この「Nのために」というドラマ、時系列が昔と今が交錯する作りで、下手をするとなにがなにやらな展開になりそうですが、その辺りの構成が上手いため毎回グイグイ引きこまれます。
俳優さんたちもみんないいです。
配役成功してますね。
6666666666666666666666666669 ←(猫がキーボードを踏んでいった跡)

そうそう配役といえば実写版「進撃の巨人」のキャストが話題ですね。
漫画原作の映像化ってキャスト見ただけでだいたい成功するか失敗するかわかるよね。
キャスティングは大事。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

DVD14枚 [テレビ・映画]

土曜日、近所のレンタルビデオ屋さんが閉店することになり、ビデオやDVDの放出があったので行ってきました。
あまり大きなお店じゃなかったのでさほど品揃えに期待はせずに行ったのですが、結局14枚も買ってしまいました。
14枚で6000円。
レンタル落ちなのでそれなりに傷があったりしますが、この値段ならまぁまぁ納得です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

茶碗蒸しには栗の甘露煮 [テレビ・映画]

普段めったに見ない、とあるテレビ番組をなにげにつけていたら、青森は茶碗蒸しに栗の甘露煮をいれるし砂糖もいれるというようなことを紹介していました。
その番組では「青森」限定のような言い方をしていましたが…北海道出身の私にとっても茶碗蒸しに栗の甘露煮ははずせないものです。
甘露煮のシロップ(?)もいれて茶碗蒸し自体も甘くします。
なので青森だけってことはないんじゃないかなぁ~と思った次第。

この番組、前に見たときも思ったんですがあまり信憑性は高くないかも…
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「ゼロ時間の謎」-アガサ・クリスティ- [テレビ・映画]

「ゼロ時間の謎」公式サイト

アガサ・クリスティ原作「ゼロ時間へ」の映画化作品です。
このようなものが作られていたなんてちっとも知りませんでした。
「ゼロ時間へ」はクリスティ作品の中でも私的にはベスト5に入るお気に入りなので見てみたい気がしますが、なにせ上映館が少ない。
まぁDVDになったらレンタルしようと思います。

ちなみに私のクリスティ作品ベスト5は以下のようになっています。(順不同)
どれもこれもトリックを売りにしたミステリではありません。
(そもそもクリスティの作品はトリックそのものよりも人間ドラマを楽しむ作品が多いですが…)
「ゼロ時間へ」と「杉の柩」は恋愛小説の要素が、残り3作品には冒険物の要素が入っています。
そして私はクリスティの冒険物が大好きなんですね。
女性向きというか、かなり少女マンガ的な冒険物という感じがします。
ヒロインをはじめとにかく魅力的な女性キャラが多いです。

ゼロ時間へ (クリスティ文庫)

ゼロ時間へ (クリスティ文庫)

杉の柩 (クリスティ文庫)

杉の柩 (クリスティ文庫)

  • 作者: アガサ・クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2004/05/14
  • メディア: 文庫

鳩のなかの猫

鳩のなかの猫

  • 作者: アガサ・クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2004/07/15
  • メディア: 文庫

チムニーズ館の秘密 (クリスティー文庫)

チムニーズ館の秘密 (クリスティー文庫)

  • 作者: アガサ・クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2004/02/20
  • メディア: 文庫

茶色の服の男 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

茶色の服の男 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

  • 作者: アガサ クリスティー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2004/01
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「歌姫」最終回 [テレビ・映画]

泣きました。
視聴率は悪かったけどいいドラマだったなぁ〜。
キャスティングがみんなはまっていて、すごくよかった。
そしてその中でも長瀬くんのなんと上手かったことか…。
伏線もきれいに回収されていたし、おおむね満足なラストでした。

惜しむらくは時間がちょっと足りなかったこと。
10分でも延長があったら、もっと余韻の残るラストになったような気がします。
土佐清水を後にした太郎ちゃんや鈴(および周囲の人々)の様子が(台詞無しで)すこし欲しかったし、映画を見終わった旭くんのワンショットなども欲しかった。
でも視聴率が視聴率だから打ち切られなかっただけでも良としなくては。

とにかく「歌姫」は今季ドラマの中で唯一楽しみにしていたドラマでした。

歌姫

歌姫


青春(SEISYuN) 初回限定DVD付きB

青春(SEISYuN) 初回限定DVD付きB


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

今更ながらのタイタニック [テレビ・映画]

タイタニック アルティメット・エディションなるものが発売になりました。
特典映像てんこ盛り。

私も夫も「タイタニック」という映画が大好きで、我が家にはビデオ、LD、DVDとすでに揃っていたのですが、「もうひとつのエンディング」というものにもひかれ、やっぱり買ってしまいました。(夫が…)

劇場公開版とは違うエンディングといってもラストシーンは劇場公開版と同じでした。
違うのはおばあちゃんローズがペンダントを海に捨てる下りの前後です。
キャメロンがボツにした「もうひとつのエンディング」の方がわかりやすいというか親切に説明してくれています。
でも語りすぎ…とも言える。
あくまでローズとジャックの物語をメインとしてとらえるのなら、ブロックの心情は葉巻をすてるくらいにとどめておいた劇場公開版のほうが正解かな。
ただ、ペンダントの落とし方は「もうひとつ〜」のほうがしっくりきました。
公開版のほうはうっかり手が滑っちゃったという風にも見えてしまうので、もっとしっかり落としたほうがいいのに…と思っていたんですよね。
「もうひとつ〜」のほうは、もうこれみよがしにしっかりポイしてくれています。

この「タイタニック」はテレビで見たときもビデオやDVDで見たときも、映画館で見るのとは明度が違って明るすぎて、結果としてすごく画面がチープなものになってしまいがっかりしたのですが、今回自分の窓機で再生したらちょうどいいダークさで、映画館で観た雰囲気に近いものになりました。
(いつもは窓機で市販のDVDを見ると暗すぎると思っていたのですが、「タイタニック」に関してはそれがいい方に作用したようです)

ああ〜それにしてもやっぱり映画館で観たいぞ!>タイタニック

タイタニック アルティメット・エディション

タイタニック アルティメット・エディション

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2006/01/07
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

キューティ・ブロンド [テレビ・映画]

日テレ金曜ロードショーでやっていた「キューティ・ブロンド」

主人公がキュート&超ポジティブでとってもとっても楽しい映画でした。
ヒロイン・エルの味方をしてくれる弁護士さんがもうちょっと私好みの顔だったら、もっと言うことなしだったかなぁ〜などと思わないでもありませんが、でもこういう映画は単純に楽しめて好きです。

キューティ・ブロンド〈特別編〉

キューティ・ブロンド〈特別編〉


この作品は「2」もつくられているようです。
こちらも見てみたくなりました。

キューティ・ブロンド2/ハッピーMAX〈特別編〉

キューティ・ブロンド2/ハッピーMAX〈特別編〉

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2005/10/28
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

ケーブルテレビ [テレビ・映画]

うちはケーブルテレビをひいているのですが、ホームターミナルは彼の仕事場のテレビと接続しています。
でもなぜか私の部屋のテレビでもキッズステーションはなにげに見ることができていたのですが、それが2、3日前から突然見られなくなってしまいました。
スクランブルがかかったらしい…。

見られていた物が見られなくなるとやっぱりそれはイヤ〜ということで、2台目のホームターミナルをいれることにしました。
ケーブルテレビの人に来てもらうと出張費やら設置費などがかかるらしいのですが、近いので夫が直接取りに行って設置してくれました。
これでキッズ以外にもいろいろ見ることができます。

でも…予約録画がかなり面倒くさいうえ一週間分しかできません。
しかしMediattiはこれを改善するつもりはないらしい…。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

DVD [テレビ・映画]

夫のホワイトデープレゼントの残りが届いた。
ロック・ユー」と「デッドゾーン」である。

「デッドゾーン」は以前に深夜テレビで見てかなり気に入った作品。
原作:スティーヴン・キング
監督:デヴィッド・クローネンバーグ
主演:クリストファー・ウォーケン

「ロック・ユー」はつい先日深夜テレビでやっていたんだけど、タイトルからはまったく想像もつかなかったコスチュームもの(しかも馬上槍試合がメイン)で驚かされた作品。
BGMがロック(クイーン他)なので邦題がこうなったんだろうなぁ。
原題は「A KNIGHT'S TALE」(直訳すると騎士物語ってとこかな)
ヒロインに難があるんだけど(だってあまり美人じゃないんだもん)かなり面白いです。
大作系じゃないから日本ではあまり話題にもならなかったんだろうけど、こういうのがどんどんDVDになってくれるのはうれしいなぁ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

フィギュアスケート世界選手権 [テレビ・映画]

フィギュアスケート世界選手権が14日から始まった。
私は昔からフィギュアスケートファンである。
それ故にフジテレビにはものすごくものすごく腹がたっている。

なぜ女子シングルスしかTV放映しないんだぁ〜っ!?
ペアも(たとえ日本選手がエントリーしていなくても)アイスダンスも(たとえ日本選手にメダルを取る可能性がこれっぽっちもなくても)男子フリーも(二人も出てるじゃん。本田くん結局棄権しちゃったけど)見たいんだよ〜!
TBSがTV放映していたときは全部やっていたよね。

女子以外は視聴率が期待できないということなのかもしれないが、せめて深夜枠でいいから全部放映して欲しいものだ。
こんなていたらくでよく公共性云々言えるなぁ。
女子選手をまるでグラビアアイドル扱いしているかのようなプロデューサー(もしくはディレクター?)の視線がいやらしすぎる!

そんなわけでただ今私はアンチフジテレビ状態であります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
テレビ・映画 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。