So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
フィギュアスケート ブログトップ
前の15件 | -

世界フィギュア リザルト [フィギュアスケート]

※自分用メモ

2004年 Dortmund
荒川さんがすばらしい演技で優勝!

----〈新採点時代↓〉-----

2005年 Moscow
まだみんな新採点法に馴染んでいなくて五里霧中

2006年 Calgary
トリノオリンピック直後のワールド 織田くん初出場で4位! 
でもおだっちゃってます。それがなければメダルとれてたような…

2007年 Tokyo
トリノ五輪で沈んだかのように思えた安藤さんが見事に復活の初優勝!

2008年 Göteborg
バトルの優勝がうれしかった
そしてゆかりんがメダルを取れなかったのがとても残念だった

2009年 Los Angeles
男女ともにバンクーバー五輪3枠確保

2010年 Torino
バンクーバー五輪直後のワールド。織田くんがジャンプ全滅でまさかのSP落ち!
何が起きたのかと思いましたね~

2011年 Moscow
日本で開催予定だったワールドですが東日本大震災の影響でモスクワ代替開催に
安藤さんが二度目の世界女王に輝き小塚くんが銀メダルを獲得

2012年 Nice
羽生結弦 渾身のフリー「ロミオ&ジュリエット」 もうこれにつきます

2013年 London
休養していたキム・ヨナが競技会に復帰してあっさり二度目の優勝

2014年 Saitama
羽生くんと町田くんのトップ争いは燃えました
この時の町田くんのSP「エデンの東」は白眉!

2015年 Shanghai
SP1位だった羽生くんがフリーでミスしてトータル2位 ワールド連覇ならず
女子ではさっとんが初出場で銀メダル獲得!
タクタミシェワがSPフリーともに1位で優勝

2016年 Boston
羽生くんまたしてもSP1位もフリーでハビに逆転を許してしまい2位 
ロシア女子は前年のワールド優勝者が代表落ちする戦国時代
それを制したメドベージェワが初出場初優勝

2017年 Helsinki
羽生くんが素晴らしいフリーを滑りきりSP5位から奇跡の大逆転で二度目の優勝
昌磨くんも2位にはいり男子は五輪3枠ゲットするも女子は2枠に
(でも全日本三連覇の女王さっとんが怪我で欠場していたのでこれもやむなし)
女子はメドベージェワが圧倒的強さで連覇 カナダ女子大躍進の2位3位




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

今季お気に入りプログラム [フィギュアスケート]

今季お気に入りプログラム

まずは羽生くんのEXナンバー「Notte Stellata」



羽生くんがジャンプだけのスケーターじゃないことがよくわかるプログラムです。
優雅で美しくそれでいて力強い…とにかく魅せられました。
しかし白鳥がここまで似合う男性スケーターもそうはいないでしょうね。

そして羽生くんのフリーナンバー「Hope & Legacy」



実は正直なところ今季のこのプログラムはそこまでいいとは思っていなかったんです。
今一つピンとこないというか…
(私が羽生くんのプログラムですぐ好きになったのは2011-2012年のロミジュリと昨シーズンのSEIMEIです)

でもワールドフリーのホプレガはこれまで見てきたものとは一線を画していました。
ズキューン…と完全にやられました。
完成形はここまで素晴らしいものだったのですね。
ただただ美しかった…

羽生くんが音楽に溶け込んでいるような…音楽に乗っているのではなく音楽そのものになっているような…高難度ジャンプもひとつの大きな流れのなかに 自然に組み込まれて本当に次元の違うプログラムになっていました。
彼は完全にゾーンに入っていたと思います。
こんな奇跡のような演技を見られてとても…とても幸せな気持ちになりました。

ほかにも良いプログラムだなと思ったものはいろいろあるはずなんですが…
ワールドのホプレガに全部上書きされちゃいましたね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

世界フィギュアスケート選手権 2017 [フィギュアスケート]

ISU World Championships 2017

男子シングル
SP リザルト プロトコル
FS リザルト プロトコル

女子シングル
SP リザルト プロトコル
FS リザルト プロトコル

ペア
SP リザルト プロトコル
FS リザルト プロトコル

アイスダンス
SD リザルト プロトコル
FD リザルト プロトコル

-------------------------------------------------
2017年のワールドが終わりました!

羽生くん凄かった~!
とにかく凄かった~!!!

SP5位で迎えた最終グループ第1滑走…正直厳しいと思いました。

ものすごくレベルの上がっている男子シングルですが、全選手がSP&フリーをノーミスで揃えた場合トップにくるのは現段階では間違いなく羽生くんだと思っています。
しかしノーミスで揃えるということのなんと難しいことか…
(それを先シーズン2度もやってのけ記録更新したのが羽生くんなわけですが…)

ハイレベルな戦いの中ではひとつのミスが命取り…そんな中でよくもまぁ…
追い詰められたときこそ強さを発揮してきた羽生くんですが、今回もそれを強く実感させられました。
さすが「歩く少年ジャンプ!」

とにかく素晴らしいフリーでした。
彼がすごすぎたのでその後に滑った選手たちのミスが(ちょっとしたものであっても)いつも以上に目立ってしまった印象があります。

しかし全体的に女子も男子も(残念ながらペアとアイスダンスはまだちゃんと見ていませんが)とてもハイレベルで見応えのある素晴らしい大会でした。
(ただしカメラワークは最悪レベルで非常に残念でした)

女子が2枠になってしまったのは残念ですが、これは宮原選手の欠場が決まった時にある程度覚悟していたので想定内。(もちろん3枠を祈ってはいましたが…)
来シーズンはジュニアの有力選手がシニアにやってきますし、代表争いは熾烈になるでしょう。

みんな大きな怪我などせず実力を発揮してシーズンを戦い抜けますように…!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の15件 | - フィギュアスケート ブログトップ